はじめて陸をみた | An amphibian’s surprise

新しいテーマを始めよう。正法眼蔵に何度も登場する仏祖について。

歩き始めたばかりの子は一歩あるく毎度、発見の連続にちがいない。はじめて陸地を発見した初期両生類は、日々、眼を開けているだけで驚きつづけていたにちがいない。その感覚は大人になっても哺乳類になっても、失われてはいないだろう。形を変えて保存されているのだろう。その無意識の底に生きつづけているはずの感覚に、どんな名を与えるか。黄檗おうばく(? – 850) はそれを「心」とよぶ。喜怒哀楽するおなじみの心のことではない。

師謂休曰、「諸仏与一切衆生、唯是一心、更無別法」。

師(黄檗)はわたくし休(裴休)に言った、「諸仏も、一切の衆生も、ただこの一心にほかならず、それ以外になにもない」。

此心即是仏、仏即是衆生。為衆生時、此心不減。為諸仏時、此心不添。

|黄檗『伝心法要』〔一〕

この心が仏であり、仏はすなわち衆生である。衆生である時この心が少ないわけではない。仏である時この心が増えるということもない。

黄檗は、衆生と仏の境界を抹消している。紀元前のインド以来蓄積されてきた「仏教語」の外で、仏を再定義しようとしている。かれはそれを仏といわず、心というのだ。

 

Let us start a new subject; introducing the thoughts of the buddha ancestors frequently mentioned in Shobogenzo. The first ancestor to be discussed is 黄檗=Huangbo Xiyun (?–850).

Imagine an infant just beginning to walk, or an early amphibian having met with dry land. Every step forward or every gaze at grass and trees would surprise them. Where has the surprise gone in adults or mammals? Not gone. It must be staying in them in different forms. Huangbo called it “heart”, open to all that is unknown, new and alien. He told his disciple Pei Xiu (裴休):

All buddhas and human beings are nothing but this unique heart… This heart is a buddha, and buddha is human. The heart is not less when it is a human and not more when it is a buddha.

| 伝心法要 Ch.1

Disregarding the distinction between buddha and human, Huangbo redefines buddhahood without resort to the long inherited buddhist language; ‘buddha’ is replaced by ‘heart’.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s

Blog at WordPress.com.

Up ↑

%d bloggers like this: