ジョイントを交換せよ|Buddha’s project to redesign the society (1/2)

工学的見地に立つと、人間の特徴は世界を改修する能力をもっている点にあるだろう。人間はそのいみで例外なく職人といえる。腕利きもいれば下手もいるし、職種も千差万別。自分自身の近辺だけを改修することに集中する職人もいれば(自分とは世界の部分だ)、大勢の職人を統率する棟梁や、改修のデザインを考えることに長けた設計家もいる。夕方になると、世界中で一仕事終えた職人たちが一風呂浴びて、一杯やったりしているわけである。 ブッダももちろん一職人だった。かれは世界の現状を「皆苦」とみた。どうすれば「皆楽」になると彼は考えたか。仏教学者の通説とは独立に、本研究所はこう理解する。世界は人と物事、およびそれらの繋がりでできている。繋がりを構成する重要な要素として言語がある。物をどう呼ぶか、人と人の間にどんな言葉が交わされるかが、世界の質に大きな影響を与える。建築家ピーター・ズントーが言う通り、「空間の質はジョイントで決まる」のである。よし、ならば改修のターゲットを言語に定めよう。苦しか生みださない言語を、楽に転ずるようにしよう。 だがそうは言っても、人の言語を簡単に変えられるわけがない。そこでブッダはどうしたか。→つづく   From the viewpoint of engineering, human beings will be characterised by the ability to rebuild their living environment that is both physical and social. They are all "craftsmen" in this sense. Some are very skilled while others are not so talented. There is a great diversity in types of activity; some... Continue Reading →

世界をプログラミングの対象にする | Imagine an engineer who programs the world.

この世界の外に、世界とその人々のふるまいをプログラミングしているエンジニア・Xがいるとしよう。Xは世界を面白く、しかも美しくデザインしたいと思っているとしよう。面白さ、美しさの定義は措く。むしろXは世界をデザインすることを通して面白さと美しさの概念を探究しているかもしれない。 Xはバグ処理に日々忙殺されることを嫌って、自ら造った「人々」に自律性を与えることにした。これによりXは世界の細部の制御から解放され、大局的な動作に関わる変数の制御に集中できるようになった。Xは来る日も来る日もコードを書きつづけた。それらはXが選んだ預言者たちによって人々に伝えられた。ある伝承では、預言者としてアブラハム、モーセ、イエス、ムハンマドらの名があり、別の伝承では、ブッダ、ナーガールジュナ、達磨、道元らが含まれる。 道元が伝えたコードの一つを見よう。これは洞山大師の言った「説心説性」についての解釈コードだ。通常これは「心を説き、性を説く」と読まれるが、道元によると… 性にあらざる説いまになし、説にあらざる心いまだあらず。 ––– 正法眼蔵四十二・説心説性 心「を」説く、性「を」説くというシンタクスが解かれて、説と心、説と性のたんなる結合になっている。どうしてそんなことをするの?Xが苦心しているのは人々の「ふるまい」の設計だ。たとえばそれは「説」、つまり言語的なふるまいだ。言語は人々の思考と行動の様式を決める主要なファクターといっていい。「どう説くか」。Xはこの問いを、「何を説くか」に変換したのだ。言語的ふるまいの記述を、オブジェクト指向にしたということだ。「説」という操作を、「心」や「性」というオブジェクトに制御させる。人々(ユーザー)が「説」くかと思いきや、説くことをコントロールするのは、説かれる対象の方なのだ。 しかも、プログラミングにおけるオブジェクトにとって本質的なのは、その内容ではなく外形であるという(@raccy)。これは道元が「心」や「性(仏性)」の定義に関心を払わないことと符合する。オブジェクト群を無定義のまま、それらの周囲に説(テキスト)を展開させるという方法がとられているのだ。   Imagine an engineer ‘X’ outside the universe who is programming the complex design of the world and its people’s behaviour. X wants his world to be more fun, more attractive, not only to himself but to all the inhabitants of the world, including fishes, birds, flowers and... Continue Reading →

仏教を微分する | Texture and structure

三角関数たとえば x = sin t を図形上で三角比として定義するのと、それを微分方程式 x'' = –x の、初期条件 f (0) = 0,  f' (0) = 1 における解と定義するのとでは、思想が全くちがう。前者は斜辺長1の直角三角形の計測からただちにそのグラフが描かれるが、後者の微分方程式はただ空間の各点 x に、中心に向かう、大きさ |x|の加速度を定義しているだけだ。中心から離れれば離れるほど強い向心力がかかるということだ。これはいわば空間の力学的なテクスチャーに関する情報であり、大域的なストラクチャー(グラフ)は初期条件を指定してはじめて姿を現わす。 臨済はこう言っている:「有身非覚体、無相乃真形」。仏の身体と称されるものはどれも仏ではない。姿かたち無きものこそ仏の真の形なのだと。(入矢義高訳注『臨済録』85p、『正法眼蔵』神通章に引用) 微分方程式は無相の真形を記述している。姿なきテクスチャー、より仏教的に言えば因果のテクスチャーを、社会空間のなかに織り上げる。その技を修めるのが仏の道なのだ。そう考えれば、道元のテキストのいたるところで矛盾に遭遇するのはなんら不都合ではない。それはストラクチャーの不連続なのであって、テクスチャーの連続性に何の影響もない。   Think about a mathematical function x = sin t, for example. It’s defined either as the trigonometric ratio or as the solution to the differential equation x" = –x on the initial condition... Continue Reading →

善は作られる | Righteousness is an artifact.

「正法眼蔵」とは正しく伝えられた仏法の要点(眼)の集成(蔵)という意味だが、ここまで見てきたところ、どうやらその要点は「点」ではなさそうなのだ。正法とはこれとこれとこれです、という形で示せない。正法は「これ」であったり、なかったりする。 諸悪なきにあらず、莫作まくさなるのみなり。諸悪あるにあらず、莫作なるのみなり。|正法眼蔵第三十一・諸悪莫作 たとえば諸悪はないわけではなく、あるわけでもない。有か無かという選択が、仏法にはないのだ。諸悪に対してはただ「莫作(作さない)」だけだという。どういうこと?同様のことが衆善(=諸善)についても言われる: さきより現成して行人をまつ衆善いまだあらず。作善さぜんの正当恁いん麼も時、きたらざる衆善なし。万善は無象なりといへども、作善のところに計会すること磁鉄よりも速疾なり。|同上 あらかじめ善というものが存在して人が来るのを待っているなんてことはない。善は有るのではなく、作すのだ。有る善を作すのではなく、作すところに善が出来る。どんな善もそれ自体に善の象かたちが定まってはいない。だが作善するまさにその時(正当恁麼時)、万の善が、磁石に引き寄せられる鉄片よりも速く集結する。 行為をベクトル、行為の対象を点で示せば、道元は世界を点の巨大な集合ではなく、ベクトルの海とみているようだ。海流にしたがって無数億の点が離合集散し、ところどころに島ができている風景。   Although 'Shōbōgenzō' –– Treasury of the True Dharma Eye –– literally means “Collection of the True Dharma Points”, they do not seem to be a collection of points; you will not be able to point to this dharma or that dharma in the collection. A dharma could be... Continue Reading →

無差別の道 | Absolutely equal

なにか特に大切にしたいものがあるとして、それを仏教の場合は「さとり」とか「菩提」と呼ぶわけだが、仏教に限らなくてもいいので、それをSとしよう。道元はこう言っているように思える。Sに会って歓喜し、会えなくて悲嘆に沈むなら、Sが、悲しむ者と喜ぶ者とを作り出していることになる。多くの経典の伝える「無差別」の法はそういうことではないはずだ。Sが執着の対象となり、差別を生成するのなら、たとえそれが覚りであろうと無上菩提であろうと、仏法の原則に反する。これを道元はどう回避しているか。その言葉を聴こう。 ...しかのごとくにあらざれば学道にあらず。このゆゑに得道の得道せず、不得道のとき不得道ならざるなり。得不の時節、ともに蹉過さかするなり。 |正法眼蔵第四十二・説心説性 (...そうでなければ学びの道ではない。道を得ても得ず、得なくても得ないということにならない。得る時、得ない時、その両方にすれちがってしまう。) なにかを批判している文脈だが、注目すべきは、「得道」と「不得道」に等しい態度をとっていることだ。道を「得る」だけでなく、「得ない」ことも同じく道の要素と考えている。Sが道にあるならば、 –Sもやはり道にある。覚りに到りえたから仏なのではない。到っても到らなくても、道を歩きつづける者が仏なのだ。   Let S be a special point or state that is assumed to be most important within any given field. S in Buddhism is considered to be satori or nirvāṇa. But Dōgen seems to hold a view against assigning a special state within the Buddhist practice: If a supposed... Continue Reading →

「この惑星」の内部 | Under the surface of this planet

華厳経にいう、 三界の所有は唯是れ一心なり 三界とは生きものが輪廻する三つの世界のことで、輪廻の分があるから「三」なのだが、要するにそれを含めて「世界」のことだ。「世界に有るところのものはただ一つ、心だ」と言っている。 これがいわゆる唯心論と同じかどうか。たぶんちがうと予想。つまり重点は「心」ではなく「一」にある。「三界の所有は唯是れ 一物 なり」と言っても同じということだ。なぜか。当研究所がしばしば用いる「物心連続仮説」をご存知の方は一瞬でわかるはずだ。ご存知でなければ、別解をここに示す。 華厳経は「心」がなにか、「心」にはどんなメカニズムがあって三界を形成しているか、ということには関心を払っていない。ということは、「心」は無定義用語、つまり幾何学者が「点」を定義しない(する必要がない)のと同じく、仮に選んだ記号にすぎない。何でもかまわない。三界を構成するものは一つしかない。それを心とする。物としてもいい。要は、三界には区別というものが存在しないと。 SFみたいに言うと、通常の惑星の三界は種々の区別、したがって構造をもっている。しかし惑星Zの華厳経にはそれがない。まるで、地形が形成されない恒星のような状態を華厳経が記述しているかのようだ。地球はどうなのか。その表層の起伏を掘削すれば、もしかすると地底からZが出現するのではないか。   In Avataṃsaka Sūtra, Buddha says: “Mind is the one and only one element throughout the three realms." Though the idea of 'three realms', or three worlds, sounds fantastic suggesting a SF-like scenario, it is actually a samsaric extension of the mundane world. The point is that Buddha proposes... Continue Reading →

Blog at WordPress.com.

Up ↑

%d bloggers like this: