紐理論 | String theory in Buddhism

7月21・22日、道元研究の国際シンポジウムが東京で開かれた。講演者の一人アルド・トリーニの言葉通り、道元を世界思想家として考える時代がやってきたのだ。講演者の中には依然として道元を曹洞宗学に回収しようとする意思を隠さない者もいたが、もはや道元の世界化を止めることはできないし、止めるべき理由もない。(なんか翻訳日本語調になっている気がするが、興奮がまだ消えていないからだ) フッサールの「間主観性」というアイデアを道元の文脈に挿入するのを試みたゲレオン・コプフの講演を聴きながら、考えたことがある。コプフの意図には沿っていないかもしれないが、まさに沿わないことが彼の意図なのだとも思う。フッサールから道元へ、道元からフッサールへの伝法の意義は、共通点を探すことではなく、変換を記述することにある。そうでないとしたら、仏法はゴータマ・ブッダの言葉を凍結固定して保存すればよく、後世の仏弟子は初めの仏説を復元することに努力を傾注すればよかったはずだ。だが仏法はそうではなかった。ブッダの DNA はたえず変異を繰り返しながら進化し、さらにこれから世界スケールの多様性を受け入れようとしているわけである。 紐があるからその両端がある。端だけがあって後から紐で結ばれるなどということはない。これが「間主観性」という視点であると思われる。コプフの説明によれば、フッサールは「端」から出発して「紐」を発見した。道元は逆に、「紐」を辿って「端」に達する。紐をどこで切断するかによって端の形状はどのようにも変る。雪竇せっちょう(980–1052)はこう述べた: 世尊有密語 迦葉不覆蔵 一夜落花雨 満城流水香 ––– 正法眼蔵・密語 咲き誇る花(密語)が一夜にして流水の香り(不覆蔵)となる。こうしてさまざまな形に「端」を現成させながら仏法の「紐」はどこまでも続く。「紐」はつねに「端」の「間」だが、その「間」こそが実在であって、「端」は「間」の断面にすぎない–––とまとめても、フッサールから文句が出ないことを願う。そしてその紐は誰かが製品として用意してくれてあるのではなく、編みつづけなければならないものだということも、付け加えておく。   The first international symposium on the study of Dōgen was held in Tokyo last week. It was really a landmark meeting as Aldo Tollini, from Universita Ca' Foscari di Venezia, said in his lecture; “Now the age has come to consider Dōgen... Continue Reading →

善は作られる | Righteousness is an artifact.

「正法眼蔵」とは正しく伝えられた仏法の要点(眼)の集成(蔵)という意味だが、ここまで見てきたところ、どうやらその要点は「点」ではなさそうなのだ。正法とはこれとこれとこれです、という形で示せない。正法は「これ」であったり、なかったりする。 諸悪なきにあらず、莫作まくさなるのみなり。諸悪あるにあらず、莫作なるのみなり。|正法眼蔵第三十一・諸悪莫作 たとえば諸悪はないわけではなく、あるわけでもない。有か無かという選択が、仏法にはないのだ。諸悪に対してはただ「莫作(作さない)」だけだという。どういうこと?同様のことが衆善(=諸善)についても言われる: さきより現成して行人をまつ衆善いまだあらず。作善さぜんの正当恁いん麼も時、きたらざる衆善なし。万善は無象なりといへども、作善のところに計会すること磁鉄よりも速疾なり。|同上 あらかじめ善というものが存在して人が来るのを待っているなんてことはない。善は有るのではなく、作すのだ。有る善を作すのではなく、作すところに善が出来る。どんな善もそれ自体に善の象かたちが定まってはいない。だが作善するまさにその時(正当恁麼時)、万の善が、磁石に引き寄せられる鉄片よりも速く集結する。 行為をベクトル、行為の対象を点で示せば、道元は世界を点の巨大な集合ではなく、ベクトルの海とみているようだ。海流にしたがって無数億の点が離合集散し、ところどころに島ができている風景。   Although 'Shōbōgenzō' –– Treasury of the True Dharma Eye –– literally means “Collection of the True Dharma Points”, they do not seem to be a collection of points; you will not be able to point to this dharma or that dharma in the collection. A dharma could be... Continue Reading →

空に境がないように|Vanishing boundaries

『大般若経』の一節。帝釈天が須菩提に尋ねる、「菩薩が般若を学ぼうとするとき、どう学ぶのだね?」 須菩提は答える、「帝釈よ、菩薩は虚空のように般若を学ぶのだ(如虚空学)」 これを、 般若は虚空のような知であると読むか。それとも、学般若は虚空を飛ぶような体験であると読むか。ここで道元は「〜ような」を落とす: しかあれば学般若これ虚空なり、虚空は学般若なり。 ––– 正法眼蔵第二・摩訶般若波羅蜜 論理が崩れている。「空」は名詞、「学」は動詞。動詞と名詞は類が異なる。この越えてはならないであろう境界が崩れ去っている。それでもなにかを認識し、その認識を伝達することは可能なのだろうか。論理や類別は認識と言語のために築かれたのではなかったか。 道元はまた言っている。 空の飛去するとき鳥も飛去するなり。鳥の飛去するに空も飛去するなり。 ––– 正法眼蔵第十二・坐禅箴 鳥が飛ぶのか、空が飛ぶのか。飛に空もなく、鳥もないという。あるいは、空であり鳥である飛しかないのだと。   In Mahaprajna Sutra, Indra asks Subhuti, "Great reverend, if a bodhisattva wishes to learn prajna, the perfect wisdom, how should he learn it?" Subhuti replied, "Lord Indra, he should learn prajna like the sky." Subhuti's answer probably means either that prajna is... Continue Reading →

空と水と谷|Prajna as an experience of the sky

たとえば京都駅のコンコースは「谷」のように設計されている。「両岸」にいろいろな形をした「岩」や、色合いの異なる「地層」が露出している。見上げれば、切り取られた空を雲が流れ、足もとには60m上空の鉄骨フレームの影が樹影のように落ちている。設計者・原広司はこれを空間の「情景図式」または「様相」と呼んでいる。様相は図面上には書くことができない。図面の先に立ち現われ、それを人は体験する。 テキストにもやはり様相はあるのだろうか。あるはずだ。読むという行為は文字をただ追うことではなく、文字が立ち現わす様相を体験することだと思うからだ。意味を理解することは、様相体験の一部だ。 正法眼蔵には「空」と「水」の喩えがよく使われる。道元はこう言っている: 学般若これ虚空なり、虚空は学般若なり。 |正法眼蔵第二「摩訶般若波羅蜜」 般若はんにゃとは、「諸法の道理を見抜く智慧、直証的な智慧」と仏教辞典(岩波、第二版)は定義している。その般若が空そらなのではなく、般若を学ぶことが空であり、空は般若を学ぶことなのだという。どういうこと?   Designed as a ‘valley’ within a cityscape, Kyoto Railway Station’s concourse exhibits ‘rocks’ and ‘strata’ of various shapes and colors on its high interior cliff, with drifting clouds in the sky above and shadows of the roof frames falling on the floor below. Hiroshi Hara, the architect, called... Continue Reading →

虚空の如く | Minimizing the distance between Buddha and God

仏教について考えるとき、いつも気になっているのは、その対極にあるように見える一神教のことだ。ほんとうに対極なのだろうか。 たとえば黄檗は金光明経を引用していう、 仏の真法身はあたかも虚空のようだ。(仏真法身猶如虚空) これは神についても成り立たないか。神はあたかも虚空のように姿かたちをもたず、しかもなお地上のすべての者を覆って存在する。だから神の像は造れない(造ってはならない、ではなく)。すると、仏像とはなんなのか。造像はアレクサンドロスの中央アジア〜インド遠征以降、ギリシャ系入植者によって開始されたとする通説に従えば、仏教にとっては二次的なものということになる。それだけでなく、大乗涅槃経の説くところでは、ブッダ入滅に際して、生きていたブッダに代ったのは精巧な再現像ではなく、抽象的な仏性だった。仏の真法身はずっと「虚空の如く」あり続けたのだ。 数についてはどうか。「八万四千諸仏」と「唯一神」とははるかに異なるように思える。しかし金光明経は上の語に続けていう、 〔仏真法身は〕物に応じて形を現じる。ちょうど水に映る月のようだ。(応物現形如水中月) 山河大地日月星辰あらゆる物に諸仏としてすがたを現すその真の法身は、すがたなくかたちなく、処在なきがゆえに遍在する。数えられるような対象ではないという意味で、やはり「唯一」なのだ。唯一の遍在する仏が「物に応じて」八万四千の諸仏と現じる。   Think about a contrast between Buddhism and monotheism. Is it really a contrast? Huangbo quotes a passage from Suvarṇaprabhāsottama Sūtra: True body of dharma is just like the sky. God is without form, present above all the beings on the earth. Isn't it precisely how the sky is... Continue Reading →

四角形の響き| Echo of a square

たとえば四角形を一つ置く。 ⬜ カードか。金属か。紙か。それとも孔か。立っているのか。落ちているのか。あるいは浮いているのか。周りはどうなっているか…... などと考えたとしよう。それは四角形の反響だ。水面に落ちた花びらが小さな波紋を発生させるのといっしょだ。 正法眼蔵『神通』から: 大潙和尚が寝ているところに、弟子の仰山がやって来る。大潙は起き上がって仰山に言う、いまわしが見ていた夢の話をしてやろう。仰山は聴く姿勢。大潙が言う、今の話で夢解きをしてみなさい。すると仰山は、盆に水を満たし、手拭いを一枚添えて大潙に渡した。大潙はそれで顔を洗う。さっぱりして座ったところに、もう一人の弟子・香厳が入ってきた。大潙は香厳に言った、いま仰山と一番手合わせしたところだ。なかなかのものだ。おまえもここでなにか言うべきことがあるなら言いなさい。すると香厳は、茶を一杯点じて差し出した。大潙いわく、二人とも、やるじゃないか。鶖子、目連もおまえたちほどではあるまい。 落語に出てきそうな話だ。鶖子と目連はブッダの十大弟子のなかの二人である。笑いをこらえてシリアスに読むと、言葉による問いと言葉によらない応答が滑らかにやりとりされている。問・答だけがあって、それぞれの材質は関係ない。ただ反響を聴きながら、応答を瞬時に選び取っていく。大潙トリオの高度な技を評価して、道元はその演奏を正法眼蔵に入れたのだろう。       If I place a square here: ⬛ you may imagine it to be a card or a box or a window, standing or lying or floating, made of wood or metal or paper, and so on. Like a petal falling to create small ripples on the... Continue Reading →

覚者の夢 | As real as unreal

D75 の記述する空間 Z には「リアル」と「アンリアル」という二個の部分空間がある。現実と空想とも言う。両者は物質的基盤に接地されているかいないかで区別される。「物質的」というのを正確に定義するのは面倒なことになりそうなので、ここはたんに「基盤」と呼んでおけばよい。要するに、基という形容詞の付いた盤に接続しているのがリアルであり、していなければアンリアルということだ。特徴的なのは、この盤が、Z では “通常” より小さいのである。言い換えれば、アンリアルがリアルとほとんど対等なのだ。なぜなら D75 にはこう書かれているからだ(文中、「覚」がリアルに、「夢」がアンリアルに相当する)。 夢・覚、おのおの実相なり。大小せず、勝劣せず。 :正法眼蔵「夢中説夢」 夢にみる世界も、覚めてみる世界も、ともに実世界であって、差はないというのだ。そればかりか、 釈迦牟尼仏および一切の諸仏諸祖、みな夢中に発心修行し、成等正覚するなり。 :同 ブッダはじめ諸仏諸祖はみなアンリアルの領域で仏道に目覚め、修行を続け、正覚を得たのだという。通常の世界 W に棲息する人類にとっては受け入れられない話である。W のブッダはまちがいなく覚めていたし、彼の弟子たちは現実にその教えを展開していったのであり夢なんか見ていたわけではない。少なくとも仏教史はそう語っている。だが Z では、仏道は「現実」を越えて展開した。もしそうなら、仏教史学者の扱える範囲を仏道は逸脱しているわけだ。ていうか、逸脱していいのだ。   The space Z described in D75 has two subspaces, REAL and UNREAL, which are distinguished by the condition whether or not it has a material basis. Because clarifying the meaning of ‘material’ would be... Continue Reading →

Blog at WordPress.com.

Up ↑

%d bloggers like this: