空に境がないように|Vanishing boundaries

『大般若経』の一節。帝釈天が須菩提に尋ねる、「菩薩が般若を学ぼうとするとき、どう学ぶのだね?」 須菩提は答える、「帝釈よ、菩薩は虚空のように般若を学ぶのだ(如虚空学)」 これを、 般若は虚空のような知であると読むか。それとも、学般若は虚空を飛ぶような体験であると読むか。ここで道元は「〜ような」を落とす: しかあれば学般若これ虚空なり、虚空は学般若なり。 ––– 正法眼蔵第二・摩訶般若波羅蜜 論理が崩れている。「空」は名詞、「学」は動詞。動詞と名詞は類が異なる。この越えてはならないであろう境界が崩れ去っている。それでもなにかを認識し、その認識を伝達することは可能なのだろうか。論理や類別は認識と言語のために築かれたのではなかったか。 道元はまた言っている。 空の飛去するとき鳥も飛去するなり。鳥の飛去するに空も飛去するなり。 ––– 正法眼蔵第十二・坐禅箴 鳥が飛ぶのか、空が飛ぶのか。飛に空もなく、鳥もないという。あるいは、空であり鳥である飛しかないのだと。   In Mahaprajna Sutra, Indra asks Subhuti, "Great reverend, if a bodhisattva wishes to learn prajna, the perfect wisdom, how should he learn it?" Subhuti replied, "Lord Indra, he should learn prajna like the sky." Subhuti's answer probably means either that prajna is... Continue Reading →

空と水と谷|Prajna as an experience of the sky

たとえば京都駅のコンコースは「谷」のように設計されている。「両岸」にいろいろな形をした「岩」や、色合いの異なる「地層」が露出している。見上げれば、切り取られた空を雲が流れ、足もとには60m上空の鉄骨フレームの影が樹影のように落ちている。設計者・原広司はこれを空間の「情景図式」または「様相」と呼んでいる。様相は図面上には書くことができない。図面の先に立ち現われ、それを人は体験する。 テキストにもやはり様相はあるのだろうか。あるはずだ。読むという行為は文字をただ追うことではなく、文字が立ち現わす様相を体験することだと思うからだ。意味を理解することは、様相体験の一部だ。 正法眼蔵には「空」と「水」の喩えがよく使われる。道元はこう言っている: 学般若これ虚空なり、虚空は学般若なり。 |正法眼蔵第二「摩訶般若波羅蜜」 般若はんにゃとは、「諸法の道理を見抜く智慧、直証的な智慧」と仏教辞典(岩波、第二版)は定義している。その般若が空そらなのではなく、般若を学ぶことが空であり、空は般若を学ぶことなのだという。どういうこと?   Designed as a ‘valley’ within a cityscape, Kyoto Railway Station’s concourse exhibits ‘rocks’ and ‘strata’ of various shapes and colors on its high interior cliff, with drifting clouds in the sky above and shadows of the roof frames falling on the floor below. Hiroshi Hara, the architect, called... Continue Reading →

虚空の如く | Minimizing the distance between Buddha and God

仏教について考えるとき、いつも気になっているのは、その対極にあるように見える一神教のことだ。ほんとうに対極なのだろうか。 たとえば黄檗は金光明経を引用していう、 仏の真法身はあたかも虚空のようだ。(仏真法身猶如虚空) これは神についても成り立たないか。神はあたかも虚空のように姿かたちをもたず、しかもなお地上のすべての者を覆って存在する。だから神の像は造れない(造ってはならない、ではなく)。すると、仏像とはなんなのか。造像はアレクサンドロスの中央アジア〜インド遠征以降、ギリシャ系入植者によって開始されたとする通説に従えば、仏教にとっては二次的なものということになる。それだけでなく、大乗涅槃経の説くところでは、ブッダ入滅に際して、生きていたブッダに代ったのは精巧な再現像ではなく、抽象的な仏性だった。仏の真法身はずっと「虚空の如く」あり続けたのだ。 数についてはどうか。「八万四千諸仏」と「唯一神」とははるかに異なるように思える。しかし金光明経は上の語に続けていう、 〔仏真法身は〕物に応じて形を現じる。ちょうど水に映る月のようだ。(応物現形如水中月) 山河大地日月星辰あらゆる物に諸仏としてすがたを現すその真の法身は、すがたなくかたちなく、処在なきがゆえに遍在する。数えられるような対象ではないという意味で、やはり「唯一」なのだ。唯一の遍在する仏が「物に応じて」八万四千の諸仏と現じる。   Think about a contrast between Buddhism and monotheism. Is it really a contrast? Huangbo quotes a passage from Suvarṇaprabhāsottama Sūtra: True body of dharma is just like the sky. God is without form, present above all the beings on the earth. Isn't it precisely how the sky is... Continue Reading →

四角形の響き| Echo of a square

たとえば四角形を一つ置く。 ⬜ カードか。金属か。紙か。それとも孔か。立っているのか。落ちているのか。あるいは浮いているのか。周りはどうなっているか…... などと考えたとしよう。それは四角形の反響だ。水面に落ちた花びらが小さな波紋を発生させるのといっしょだ。 正法眼蔵『神通』から: 大潙和尚が寝ているところに、弟子の仰山がやって来る。大潙は起き上がって仰山に言う、いまわしが見ていた夢の話をしてやろう。仰山は聴く姿勢。大潙が言う、今の話で夢解きをしてみなさい。すると仰山は、盆に水を満たし、手拭いを一枚添えて大潙に渡した。大潙はそれで顔を洗う。さっぱりして座ったところに、もう一人の弟子・香厳が入ってきた。大潙は香厳に言った、いま仰山と一番手合わせしたところだ。なかなかのものだ。おまえもここでなにか言うべきことがあるなら言いなさい。すると香厳は、茶を一杯点じて差し出した。大潙いわく、二人とも、やるじゃないか。鶖子、目連もおまえたちほどではあるまい。 落語に出てきそうな話だ。鶖子と目連はブッダの十大弟子のなかの二人である。笑いをこらえてシリアスに読むと、言葉による問いと言葉によらない応答が滑らかにやりとりされている。問・答だけがあって、それぞれの材質は関係ない。ただ反響を聴きながら、応答を瞬時に選び取っていく。大潙トリオの高度な技を評価して、道元はその演奏を正法眼蔵に入れたのだろう。       If I place a square here: ⬛ you may imagine it to be a card or a box or a window, standing or lying or floating, made of wood or metal or paper, and so on. Like a petal falling to create small ripples on the... Continue Reading →

覚者の夢 | As real as unreal

D75 の記述する空間 Z には「リアル」と「アンリアル」という二個の部分空間がある。現実と空想とも言う。両者は物質的基盤に接地されているかいないかで区別される。「物質的」というのを正確に定義するのは面倒なことになりそうなので、ここはたんに「基盤」と呼んでおけばよい。要するに、基という形容詞の付いた盤に接続しているのがリアルであり、していなければアンリアルということだ。特徴的なのは、この盤が、Z では “通常” より小さいのである。言い換えれば、アンリアルがリアルとほとんど対等なのだ。なぜなら D75 にはこう書かれているからだ(文中、「覚」がリアルに、「夢」がアンリアルに相当する)。 夢・覚、おのおの実相なり。大小せず、勝劣せず。 :正法眼蔵「夢中説夢」 夢にみる世界も、覚めてみる世界も、ともに実世界であって、差はないというのだ。そればかりか、 釈迦牟尼仏および一切の諸仏諸祖、みな夢中に発心修行し、成等正覚するなり。 :同 ブッダはじめ諸仏諸祖はみなアンリアルの領域で仏道に目覚め、修行を続け、正覚を得たのだという。通常の世界 W に棲息する人類にとっては受け入れられない話である。W のブッダはまちがいなく覚めていたし、彼の弟子たちは現実にその教えを展開していったのであり夢なんか見ていたわけではない。少なくとも仏教史はそう語っている。だが Z では、仏道は「現実」を越えて展開した。もしそうなら、仏教史学者の扱える範囲を仏道は逸脱しているわけだ。ていうか、逸脱していいのだ。   The space Z described in D75 has two subspaces, REAL and UNREAL, which are distinguished by the condition whether or not it has a material basis. Because clarifying the meaning of ‘material’ would be... Continue Reading →

意味を設計する | Design the meanings

「すべての物事を対等なものとしてみる」ことの反対は、「物事に差をつけてみる」ことだ。「差」の根拠は、価値や意味や順序だ。それらはキャンセルできる、と「対等」観はいう。仏教っぽく言えば、価値も意味も順序も皆な「空」というわけだ。 一切対等、一切皆空ならば、部分と全体は等しく、微小と極大は等しく、一瞬は永遠に等しいことになる。それはなにか起伏のない、のっぺらぼうで退屈な風景になりはしないか。ならない。対等観〜空観は、価値や意味のシステムを破壊するためにあるのではないからだ。むしろ、キャンセルできるとわかっていればこそ、価値や意味を使いこなし、設計すらできる。 …なんてことを正法眼蔵「全機」の章から読み取ったのだが、どの文がそう言っているのか特定できない。たぶん、行間に書いてあるのだ。   In the opposite side of “looking all beings as equal” is the idea of differentiation, where things are arranged in distinct classes based on values, meanings, or orders that are, from the equalist point of view, to be cancelled. Using a more Buddhist term, they are “empty”. Assuming all things are... Continue Reading →

空間の質を決めるもの | Joints to shape the social space

人と人が言葉を交わす。言葉が人と人を結ぶ。「言葉」のかわりに物でも、振舞いでも、また言葉+物+振舞いの複合でもよくて、それをあらためて広い意味の「言葉」と呼ぶことにする。言葉が人と人とのつながり–––社会–––を織り上げる。 建築家ピーター・ズントーは「空間の質はジョイントで決まる」と言った。ならば社会の質はそのジョイントである言葉によって決まるだろう。そこでブッダは、言葉に「仏法」を複合させることを考えた。それは明らかに、それまで世界に存在しなかった新しい言葉だ。人々の言語に、物や感情や天気以外に、仏法を語る語彙が混ざりはじめた。 仏々祖々嫡々相承せるはこれただ授記じゅきのみなり。さらに一法としても授記にあらざるなし。……授記は道得どうて一句なり、聞得もんて一句なり。 (諸仏諸祖が伝えてきたのはただひとつ、授記である。授記でない仏法は一つもない。……授記とは、一句なりとも言葉を道いい、言葉を聞くことにほかならない。) :正法眼蔵第二十一「授記」 「授記」とは本来、師が弟子に成仏の保証を与えることだが、その際、勿論なんらかの仏法の言葉が交わされる。道元は大胆にも「成仏の保証」を無視して、これを人と人とのジョイントの一形式とみているわけだ。   People communicate with words. Words works as joints connecting people. You can replace them with a complex of words, things and behaviors, which I will also call ‘words’ in a broader sense. It is precisely this complex that weaves the texture of society. An architect Peter Zumthor once... Continue Reading →

Blog at WordPress.com.

Up ↑

%d bloggers like this: